2010年04月14日

もう書くまいと心に決めていたけど

ホントにこれを最後に、愚痴らせてください。


見たくない人は >>Read more! を押さないようにね!


わたしって、本当にわがままなんですよ。

自分の思い通りに行かなければ気が済まないとか。
人によって自分の深い部分に手をつけられるのを極端に嫌うとか。
自分がそれをするのを何とも思わないくせに、人にそれをやられるとはらわたが煮えくりかえるようなこととか。



どうしてそんな話になったのかと言うと、会社より通達が来たんですよ。

いま、わたしが住んでいる住宅は会社の所有物なんです。
所有物と言うよりは、会社名義で借りているのを又借りしている状態、と言う方が正しいんですが。

会社の言い分としては

「お金無いから来月中に出てってね。会社の寮用意してるから」

ってわけで。

期間にして約1年ですか。
ここに住んでいたのは。

確かに会社の言い分は正しいし、それに関わる費用を全て持ってくれるのは
ありがたい事ではある。


が。


結局また、わたしの嫌う「やんごとない事情」。


――自分はやはり、人として扱われていない。


会社の人間の口ぶりからそう判断したわたしは、徹底的に対抗する事にした。


いま、自分が住んでいる住宅にも、地域にも思い入れはないけど。
(そりゃ、1年くらいしか住んでないから当たり前と言えば当たり前)


どんな手を使ってでもここを動かない。
そう決めました。


徹底的にゴネました。
最悪、敷金礼金を払ってでもここに止まる事が出来る方法が無いか。



かれこれ記憶しているだけでも「寮に移ったら?」と12回は言われましたが。


もうわたしは、風呂もトイレも台所すらも共同な空間には居たくないんです。
そんなわがままを通すために、ゴネ続けてます。



一度手に入れた自由を”かいしゃのごつごう”みたいな得体の知れない物に
奪われたくはない。
これ以上、会社のなすがままに人扱いされる事もなく、便利な機械扱いを受けるなんて
まっぴらだ。







……で、実はこれ。

まだ全く未来のビジョンは見えてないのですが(未定なので……w)、
個人での契約をする事にして、住宅を会社の手から逃れるのはどう言った意味を持つのか。


それは、近いうちに転職を考えるための足がかりを作るためだったりしたり、しなかったりするのです。


とにかく、戦って戦って戦いまくって。


わたしの自由を、守りきる。
それが、いまのわたしにできること。

勝負をする前から諦めるなんて、したくない。

たとえ勝ち目が無くとも。

1%も無くても。
0.01%も無くても。


可能性は、ゼロじゃない。


Posted by ぷり娘 at 2010/4/14(水) 01:42 │日記  │コメント(1) 

コメント一覧

1. Posted by Marshmallow   2010年05月01日 05:19
電源ボタン間違って押して全部消えたから今度メッセかすかいぷで言う‥(グスン

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitterはこちら。
ちょっとした一言で済むような告知や 適当な事はこっちでよくツイートしてます。
記事検索
メッセージ
月別アーカイブ
LINE読者登録用QRコード