2018年09月24日

2018/09/24までの日記




連休のいつかは書こう。

そうして気付けば3連休のラストの夜。







おしごとのはなし
再三にわたって電話マナーの悪さを嘆いているわたしですが
ここらで、いままであった具体的な例を挙げてみます。


「~の件なんですが~」と、いきなり用件を言う
名乗りもせずにいきなり用件から話し出す人。

「これじゃ仕事になんない」
相手の都合も考えずに自分の都合をひたすら話す人。
なんとかしてあげるのがわたしの仕事だけど、中年以上の人は口を揃えてみんな言い出すので
ちょっと辟易とします。

タメ口
ごく一部だけですが……。
わたしはあなたの部下でも友達でもありません。

終話時に「失礼します」を言わない
人が意外と多いんです。
基本的なビジネスマナーだと思っていましたが、どうやらこの職場ではそうでは無い可能性が
非常に高いようです。



ついでに、何かを聞こうとしてるんだとか、トラブルが発生したんだとか
そんな時の困ったちゃんについても。



トラブル内容を具体的に言わない
例:
・「これをこうしたらなんかエラー出た」
 → エラー内容はなに?

・「英語だから読めない」
 → 文字の見えないわたしは何も分からない。
   正しい発音なんか求めてないし多少の読み間違いは脳内補完するから読んで。

・書いてる内容と違う物を読む
 → 誤答の元。
   思い込みで物を言う人にありがち。


重要な事を後出しする
原因が不明な異常動作について調査しても結局分からない。
が、そこでさらに事情聴取を進めると
「業者が設定を変更していた」とか
自分で環境変数、レジストリを変更していたとか
ひどい時には、PCの電源が入らないと言われて実機を持ち込んでもらって調査してみたら
ボコボコに外装が凹んでいたり割れていたり……。

もしかしなくてもそれが原因だよ!


Microsoftへのクレームをこっちに言う
PCメーカーへのクレームをこっちに言う
ほかの事業所のシステムへのクレームをこっちに言う
事業所のセキュリティ規則へのクレームを(以下略
上司へのクレームを(略
事業所内設備へのクレーム(ry
それら全て、クレーム先はわたしではありません。
しかるべき所へお願いします。


やけに反抗的な態度
「~をしたいけどうまくできない」  って内容に
「手順書がありますのでそれに従って進めてください」  って返したら
「手順書通りにやってもできないから聞いてるんです」  って返信。
あなたが手順書を事前に見ていて、その通りにやったかなんて言ってないし
その通りに出来ているかも知る由もありません。
メールの全般に言える事ですが、書いた気になって相手を非難する、
行間を読ませるような行為(1行しか書いてないけど)が後を絶ちません。
ついでに言うと、相手は役職も無いいわゆる平社員。



値上げ
を知ったのは、数日前……つまり、連休に入る直前。
煙草の値上げです。

喫煙者であるわたしですが、今回の値上げはわりと知るのが遅すぎたと言うのがアレですが
流石に、1箱500円の大台に乗ったからには何かしら対策を講じなければいけないなと思ったのです。

元々、吸い始めた当時から思っていましたが
500円を超えたら、やめるか何かするかと漠然と考えてはいました。
300円→460円の時も、吸う本数を減らしたって経歴もありましたし。
(1日1箱→3日2箱→2日1箱)

だからと言って、IQOSやploomtechやgloなんて言うポッと出の物になんて
手を出す気にはなれないし、それらに手を出すくらいならいっその事
やめてしまおうか、なんて考えを持っていました。

第一、煙草にだけなんでこんなに税金が掛かっているのかも理解ができませんが
文句を言っても始まらないので、取れる対策を……とGoogle先生に助けを求める
わたしなのでした。



ヴェポライザー
ってなに? って話になると思いますが
いわゆる「加熱式たばこ」の一種です。

IQOSなどとはまた違い、これは専用カートリッジ(ヒートスティックなど)を使用せず
紙巻き煙草や手巻き煙草用シャグ(葉)を加熱して発生する蒸気を吸う喫煙具です。
(IQOS用ヒートスティックなどを吸う方法もあるそうですが)

これだ、と思ったわたしは早速Amazonで以下を購入。




紙巻き煙草 → ヴェポライザーに移行を考えている方へ参考になれば。


そんなわけで、早速使ってみますが……
本体内のヒートチャンバーに葉を入れていくんですが、あまり大量に入れすぎると
思ったより水蒸気(ミスト)が出ないし、勿体ありません。
ある程度ふわついた感じに入れるのがちょうど良いみたいです。

そもそも、紙巻き煙草をそのまま流用したい場合はスペーサーが付属してますので
煙草をそれに入れて、スペーサーの長さに合わせて切ればOKです。
紙も一緒に含んでしまいますが、味に影響はほぼ無い(敏感な人なら分かる程度)なので
そのままでOKです。

そうして葉を入れてから、おもむろに電源ON。
指定温度まで一気に加熱します(160℃~230℃で10℃刻みに調整可)。
指定温度への到達まで10~20秒程度で上がるので、上がり切ってから数秒待つのが
良い感じでした。
紙巻き煙草のように勢いよく吸うと熱された蒸気で舌を火傷するので要注意です。
あと、温度も上げすぎると舌を火傷しやすいし辛味が強くなりますので
その辺はお好みで。

燃やした時と違って、葉っぱの味がしますが
大昔に兄者が持ってた葉巻を吸った時もこんな味に近かったので
これがたぶん、煙草本来の味なんだと思います。

電源を入れて1分くらい経つと、液晶画面に「Time:180s」なんて表示が出て
180秒経過すると自動的に電源が切れます。

吸い終わった後は葉を取り出すんですが……。
スペーサーを使ってた場合、時間を置いてから取り出さないと
間違いなく指を火傷します。
葉を入れていた場合は、そのまま本体を逆さにして灰皿へ。


と言うわけで、使ってみた感想ですが
最初のうちは舌を火傷したり、舌やのどがビリビリ痛んで大変でしたが
普通の吸い方に違和感を覚える程度には慣れました。

※ 舌やのどの痛みは、舌が急速にアルカリ性になるための症状だそうです。

ちなみに、香り(フレーバー)を付けたり蒸気を多くするリキッドなんかも存在しますが
上記のような、舌やのどの痛みが緩和されるなんて効能もあります。
問題は、使用すると故障の原因になったり器具の保証が無くなったりする事なので
使用する場合は、あくまで自己責任で。

ただし、別売りのスペーサーは底に網が付いているので1滴だけなら使用OKだそうです。






そんなわけで、使ってみた感想ですが……。

最初は違和感だらけ。でも慣れる
慣れるかどうかは、人によるとは思いますが……。

煙草代1/5にはなり得ない
1本で3~4回分使えるけど、それじゃ単純計算で1/3です。
※ セブンスター(BOX)での参考。

葉の出し入れがめんどくさい
これについては、スペーサーをまとまった数用意しておいて
事前にケースに入れてストックしておく、と言う対策は可能だけど
箱から1本出す→火を着けて吸う→灰皿へ捨てる と言う紙巻き煙草の手軽さには勝てません。
少なくとも、これを常用するなら付属のスペーサー1個では足りませんし
本体も2つ以上必要です(充電中は使用できないので)。

定期的にメンテしないと
味が移ったり、味が変わったり、吸いにくくなったりするので
1日1回……少なくとも、数日に1回程度は掃除が必要です。
メンテ器具は本体に付属してるので、それで軽く擦ってやればOKです。

満足感
は正直、紙巻き煙草を燃やすよりは少ないです。
そのせいで吸う本数が3倍以上になって結局本数ベースでも変わらないと言う事態に
なりそうなので、吸い過ぎに注意。

にほひ
少なくとも、不快な感じにはなりにくいです。
それでも無臭ではないので、吸う時は周りに配慮するのはマナーです。
ただ、紙巻き煙草を吸った時の手指につくヤニ臭さはありません。

健康面の問題
煙草には様々な有害物質や発がん性物質が含まれています。
タール、ニコチンがその主ですが、タールが気化する温度は400~450℃辺りからなので
仕様上300℃も行かないIQOSなどは、葉に残るだけで済むとの事です。

だからと言って、IQOSなどに害が無いか、と言うとそうでもありません。
ただ、わたしの母者はIQOSに移行してからのどの調子が良くなったらしいので
紙巻き煙草よりも害が少ないと「思われる」と言う認識で良いと思います。

結局、健康の事を考えているのなら「吸わない」のが一番であるに越した事はありませんが
デメリットばかりを気にしてもしょうがありませんし、MGSのスネークが言う通り
「化学式を理解しても煙草の良さは分からんよ」との事なので
気にしすぎる方が、ストレスでよっぽど健康に害があると思います。



iOS12.0
が出ましたが、バッテリー持ちがやや改善されたような「気がしないでもない」です。

まぁ、一番の要因はバッテリー食いだったマギレコをあまりやらなくなったのが
その理由だとは思いますが……。

今回の新機能は「スクリーンタイム」と言う、ペアレンタルコントロール
(つまり、親による子供への使用制限)の強化版と言う物です。
1日あたりのApp使用時間を設定できるようになり、使用時間を超過すると
その日は起動できなくなる、と言う感じです。
どちらかと言うとiPad向けの機能のようにも感じますが、わたしのななぷらは
わたし以外に使用する人はいないので、残念ながらこの機能が使用される事は無いでしょう。

他にも、Appの起動速度向上なんかもありますが
確かに少しだけ速くなってます。
あと、電力効率も多少上がったのかiOS11.4に比べてやや本体が
熱くなりにくくなったような感じがします。



キュイディメ
ようやく1軍が旨味Lv(いわゆる総戦力)4000手前まで来ましたが
2軍がその半分にすら到達していないため、ストーリーが中華大陸止まりです。

それとは言う物の、2軍のチームがいつまで経っても決まらないんですよ。
同じキュイを使用しない、と言うわたし個人の縛りを解除すれば
どうにでもなりそうなんですが……。

とりあえずエリア限定ドロップは和風エリアまで確認できました。
シュールストレミング、ブルーオーシャン、大吟醸。
あと、対決でもプロ入りできたので☆5料理箱を1個開けてみたら
さっそく小籠包が出てきました。
たぶん、一般的な「しょうろんぽう」読みではなくてボイスを聞いてみると
「しゃおろんぱお」読みのようです。
他にも「九重餅」は「きゅうじゅうもち」じゃなく「きゅうちょうもち」のようです。



あとは……
書こうとした物が思い出せないので、続きはまた次回です。




Posted by ぷり娘 at 2018/9/24(月) 23:01 │日記  │コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
bluesky
Xはやめにしてblueskyへと旅立ちました。

ぷり娘のbluesky
記事を検索する
ぷり娘へメッセージを送る
過去記事のアーカイブ
LINE読者登録用QRコード