2020年03月07日

2020/03/06までの日記




2月に一度も日記書きませんでした……。
そのため、3月はこれから忙しくなる事が予測されるので
比較的余裕がある今のうちに、日記を書くことを決意したのでした。








プリコネR
は、クラン「Rabi-Ribi部」を設立して3/6現在、メンバーがわたし含めて10人にまで増えました。
と言っても、基本的な方針ややる事については設立当初から変更はありません。
プレイスタイルに差はあれど、自分なりに育成なりクエストなりをがんばる、って感じです。

2周年記念イベントが終わり、少し暇ができているのが現状ですが
ダンジョンのEX3が新たに実装されたので、当面はこのボスをどうやって倒すか……ですが
倒すこと自体はたぶん、今でも可能だとは思います。

思いますが、それを毎日……となるとEX2のジャバウォックの比じゃないくらいに
面倒なことになるのが目に見えているので、スタミナが火急で必要でない現状は
ボス前撤退が楽かと思って、保留中です。

3/8からはNORMALドロップ量2倍。
3/12からはルナの塔です。

一応、ルナの塔は390EXまで終わらせているので早めにクリアして回廊探索に進めたら……と思いますが
今回からフロアスキップが実装されるとのこと。
ただ、詳細は不明ですがギリギリな状況でスキップしてもTPは溜まらずに
ボス戦へ突入することになることが予測されるので、面倒でなければ道中をさばきながら
主力メンバーのTPを溜めた方が楽になるかと思います。



おしごとのはなし
急遽、今月をもって職場を去る事になりました。
それと言うのも、職場との契約が予算の都合で更新できなくなったのが理由です。
そこまでこの会社、お金無くなってたのか……と、ある意味では予想通りですが
ちょっと展開が早過ぎる気がしないでも無いです。

ただ、それでちょっと精神面についてはむしろ楽になった気がします。
もうあの後任(今となってはただの部下)に悩まされる事も無いし、あと1ヶ月も無いのなら
どんな蛮行だって、もうスルーでいいやと諦めも付くようになりましたので。

彼は今の職場に来る前のところから出戻りを要請されているみたいですが
あんなの、よく必要としているなぁ……とわたしは思ってます。

今年くらいからはもう、あいつにやらせるくらいならわたしがやる、くらいのレベルで
存在がストレス源になっているとすら思うくらいでしたし。

5年前、この職場へ来た時は「こんな場所、1年以内で辞めてやる」とも思っていましたが
いつの間にか、離れるのを惜しんでしまうくらいには馴染んでいた自分が居た事に気付きました。

アレな来客と、部下以外には恵まれていた職場でした。



Nintendo Switch
いずれ買おうかな……と漠然とした想いを持っていたSwitchですが
弟者が「もう使わないから買い取ってくれない?」と言って来たので
スプラトゥーン2仕様のプロコンと一緒に、本体一式を15,000円で譲ってくれました。

弟者は結構離れたところに住んでるので、送ってもらいました。
(伝票が写ってたのでちょっと加工してます)
switch


色々と設定やら動作やらに四苦八苦してましたが、1日掛けてようやく設定完了。
「これでSwitch版Rabi-Ribiができるぞ!」 と思った反面
「他に何やろう……?」 とも思ってしまっているのが現状です。

例えばPCが使えない時(帰省している時とか)に何をやりたいのか、と言うのを主軸に考えた方が
やりたいソフトが出てくるかも知れません。

Switch版Rabi-Ribiについては、後ほど。



アークナイツ(明日方舟)
を、先月辺りから始めています。

何故、頭の弱いわたしがタワーディフェンスなんかに手を出しているんだ……と思いましたが
大昔に、Defence Witches(ディフェンスウィッチーズ)ってゲームをやってた事をふと思い出しました。
アレは基本無料、一部アイテム課金制度のゲームでしたが。

とりあえずアークナイツの話に戻ると、現在の進行度は3-2。
途中で何度か心が折れそうになってましたが、その理由は
術師と狙撃の良いキャラを持っていない、と言うところに尽きてしまっています。

それなりに他の兵科は良いのは持っているはずなんですが……
・先鋒:シージ
・前衛:シルバーアッシュ、チェン、スカジ
・補助:プラマニクス
・治療:シャイニング、フィリオプシス
・防御:ホシグマ、リスカム
・特殊:エフイーター

と、居るんですが……
・術師:アーミヤ(初期)
・狙撃:メテオ、ファイヤーウォッチ
と、この2科目だけはなんとも心許ない感じです。

3/20までエクシアがピックアップされているので、期間中に引けるかどうかで
今後の運命が決まりそうです……。



悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲
iOSとAndroidでリリースされました。
が、現状ではまだちょっと不具合が出ているのとタッチパネル操作の最適化がまだまだ足りていない模様です。

iOS13からは、Xbox OneコントローラがBluetooth接続で使用できるようになったので
さっそくテストを兼ねてやってみたんですが……ジャンプと左手の操作が入れ替わってます。

主な仕様や不具合は、現状こんな感じです。

・コントローラ使用時、日本語にするとジャンプと左手の操作が入れ替わる
 (英語などにすると正常になるが、決定とキャンセルが入れ替わり海外ゲーム仕様になる)
・日本語以外の言語だと、ゲーム開始時に異常終了する
・キーコンフィグが無い
・移植元はPSP版?(音声、SE、デスによる装備没収回避が入ってすぐバックステップのみでOK)
・テキストのフォントは綺麗になっているが、それ以外のグラフィックは基本的に原版のまま
・読み込みはほぼ無し
・リヒター、マリアでのプレイが最初から可能
・コントローラでのマップを開くボタンがSELECT(BACK)じゃない?

と、日本語でプレイしているとコントローラ操作はかなりままならないので(ジャンプしながら武器を振るのも大変)
今後の修正、アップデートを待つしか無さそうです。



Prime Reading
Amazonのプライム会員のサービスなんですが、ふと電子書籍をAmazonで買うようになって
そんなサービスがある事に今更ながら気が付いたので、ちょっと色々と
タイトルやジャケットが気になった物をつまみ食い感覚で読んでみる事に。

ダーウィンズゲーム
現実世界を舞台にした、オンラインゲーム(と言うよりはソーシャルゲームに近い?)で
殺し合いをする作品。
ゲームに参加したプレイヤーはゲーム開始時に何らかの特殊能力を与えられ、
その能力やゲーム内の対戦でやり取りするポイントを使用して購入する武器などを使用して戦います。
3巻まで読めますが、毎冊のラストは続きが気になる区切り方をされているので
つい8巻くらいまで買ってしまいましたが、ある大規模イベントをクリアした辺りから
主人公が全能っぽくなっちゃったので、それ以降はちょっと見送る事にしました。
(序盤のような、持てる手段を使って未知の敵と対抗する、と言う展開が好きだったので)


若林くんが寝かせてくれない
寝る事が大好きなぽっちゃり先生がどうにか昼寝(以外もたまに)を試みるも
若林郁乃さんたちが睡眠を妨害する、だけのコメディ。
全体的にほのぼのとした空気の作品ですが、途中からラブコメ色が強くなったり
睡眠妨害の手法がお色気路線になってしまったので、無料で読める2巻でストップ。


野原ひろし 昼メシの流儀
3巻まで無料。
野原ひろしが会社の昼休みにあちこちで食事する、いわゆる「孤独のグルメ」を
野原ひろしでやった感じの作品。
原作のクレヨンしんちゃんがわりと好きなので、読み始めは絵の違いもあって
わりと抵抗があったんですが、この手の作品はだんだん読み慣れてくるので
(似たようなのだと「北斗の拳 イチゴ味」や「中間管理職トネガワ」など)
慣れてくると自然に読めてしまいます。
1巻のラストに新クレヨンしんちゃんの110話が収録されていて、こっちはほとんど違和感なく
原作の雰囲気と絵柄を再現して、新しい話が展開されていきます。


とまぁ、試し読みしてみた感想を垂れ流してみましたが、漫画以外にも
プライム会員が無料で読める本があるので、プライム会員の人は試してみても良いと思います。




Posted by ぷり娘 at 2020/3/7(土) 00:05 │日記  │コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitterはこちら。
ちょっとした一言で済むような告知や 適当な事はこっちでよくツイートしてます。
記事検索
メッセージ
月別アーカイブ
LINE読者登録用QRコード