2021年04月18日

2021/4/18までの日記




毎度同じ事を書いてる気もしますが、ここまでblogの更新サボったのは
初めてかも知れません。

言い訳とかこれまでにあった事はちょっとまとめて書いて行こうと思います。


4/19 19:23ごろ追記:なんか途中で文が終わってた所があったのを追記。







おしごとの話
は、今までと特に変わった事はありませんでしたが
年度末の時期とプリコネのクランバトルが思いっ切り被っていたので
死にそうになりながら過ごしていました。

在宅勤務って暇なんじゃないの? と言う声があるかも知れませんが
そう思ってる方はぜひ、わたしと代わってください。
仕事が終わらず、毎日残業なんです……。

確かに細かく、オフィス内じゃ出来ない事(例えば音楽を聴くだとか、もしもしでSNSを確認するとか)は
在宅勤務だからこそ出来る事なんですが、仕事の量が変わるわけでもなく
社内のネットワークは基本的にVPN経由で繋ぐ事になるので、どうしても
タイムラグが出てしまい、ファイルサーバー上のファイルを更新する時などには
通常よりも効率が落ちてしまいます。

忙しいから後にして、と言いにくいのも在宅勤務のデメリットです。
言いにくい、と言うのは語弊がありますが仕事の依頼とか指示とかが
基本的にメールで来るので、口頭や電話と違い、こちらがすぐに返事をしにくいし
こまめにメールを確認しなきゃいけないと言う問題があるので
これも、あまり良くない事です。

そして、新型コロナウイルスの状況もはっきり言って
現時点で決して良い状況とは言えないので、この在宅勤務はまだまだしばらく続くとの事です。



YouTubeでのゲームプレイ動画配信
を、2月くらいからまた始めました。
今までと違うのは、わたしが喋る事です。

実は……と言うか前回までの配信(Rabi-Ribiなどの)を観て戴いた方は既にご存じかとは思いますが
あまり、自分が喋りながらゲームをプレイする動画を
ライブ配信、および動画投稿をするのは乗り気ではありませんでした。

それと言うのも、環境は元々あったんですが色々理由がありまして……。

・自分の声や喋り方があまり好きではない

と言うのは、多くの人が思う所であるとは思いますが、わたしもその例に漏れず。
これが大半の理由なんですが、もうひとつ。

・生声でのゲームプレイ配信動画が好きではない

と言う理由もあります。
ただ、これに関しては自分が知っている人間(例えば普段からお話するフォロワーさんや友人等)であれば
それほど気にならないと言う事も分かったので、これについては見なかった事にしても良いかなと思いました。

ただ、自分が喋る事に対するメリットもまた存在するのも事実でして、
視聴者のコメント・チャットに対してわたしが反応をする時に
ゲームプレイを止めずに済む(操作はおぼつかなくなるけど……)と言うものです。

例えばこれが緊張感の高まってるボス戦だったり
ポーズ機能が無いゲームだったり(ACのゲームでなければ中々そんなの無いと思いますが)
アプリを非アクティブにすると音楽や画面が止まってしまうゲームだったりした時には
このメリットは決して、無視できない物になります。

そう言った事情を鑑みて、喋る事を解禁しましたが……まーひどいひどい。
アーカイブで知らない人に観られないように、配信開始時のツイートは終了と同時に消したり
配信その物や動画アーカイブも、限定公開にしたりして
なるべく知らない人にわたしの声を聞かれないように対策しながらやってます。

アーカイブを観たい(知り合いの)方には大変申し訳の無い状態ではありますが……。
動画のURLを、何らかの方法で限定的に公開する方法が見つかれば
アーカイブのURLを解放しようかなと思ってます。
(twitterのDMで受け付ける方法は無いわけじゃないですが、二次配布されてしまう可能性があるので出来れば無しで)

配信の開始は、twitterで告知(と言うか予告)していますのでそちらをご確認戴けると幸いです。



Rabi-Ribi
Playable Cocoaが実装されてから結構経ちました。
が、プレイする時間が取れず1ヶ月以上ブランクを空ける事になってしまったので
ちゃんと完走するぞと言う意思を持ちながら退路を塞ぐと言う意味で
YouTubeで配信しながら完走を目指す事にしました。

しかしブランク空ける前もそうでしたが、ココアは初期状態だと
明らかにエリナより弱さが目立つので(慣れの問題な気もしますけど)色々強化されてからが
本来の難易度になるのかな……と思います。

ただ、前回も今回もやってみて思う事は、設定した難易度の0.5~1段階上になると思います。
(エリナと比較した状態で)
ココアでのみ可能な避け方も存在はしていますが、エリナで可能だった避け方が
不可能になるため、事前知識があってもココアの操作や仕様を熟知していないと
結構な苦労をすることになります。

そして、ココアでの特殊な仕様やアイテム効果の(エリナとの)違いも
基本的に解説が無いので、初見ではかなり難易度が高くなると思います。

ひとまず、この配信が終われば久々な単独記事として
エリナとの違いや、ココアでの立ち回りについてをまとめてみようと思います。



……5月いっぱいまでにはなんとか出来たら良いな。



ブルーアーカイブ
は、☆3が被りすぎて正直結構げんなりしていますが細々とやってます。
プリコネや原神のように、そんなに真面目にやってるわけじゃないので
ログインが空いたりスタミナを漏らし放題だったりと、ぐだぐだなんですが……。



ぷり娘とiPhone12 Pro MAX
ボトムズ(三つ目)カメラなんて要らない……と思っていたわたしですが
ずっと使っていたXs MAXのバッテリー持ちが怪しくなってきていて
ここ最近のAppは、要求スペックも上がりはじめて来ているので
いい加減に機種変更をする事にしました。

カメラの事は一旦目をつぶるとして、やっぱり単純にスペックが向上すると
色々なことが快適になるので良いことであると言うのは
PCも、もしもしも変わりません。

バッテリーについても1日も持つ事が少ないXs MAX(2年ちょい使用)さんでしたが
12 Pro MAXさんは1日で30%も減らない事も。
……もっとも、今のライフスタイルでは出先でバッテリーを消費する行動をすることも稀な話ですが。


大した使いこなせてる気がしないな……と言うのはiPhone4からずっと感じてることなので
いまさら気にしてもしょうがないです。
にしてもiPhone 12 Pro MAXって長過ぎるのでなんか識別しやすい略称とかあれば……とか
自分で考えるにしても微妙な候補しか出て来ない、と言うのが問題っちゃ問題です。
ろくぷら、ななぷら、はちぷら、てんぷら、てんすま……と色々考えてきましたが
英語の12(twelve)って、こう言う形式だと略しにくいんですよね。
12ぷろま、と言うのもなんか統一感が無いし12(じゅうに)が冗長な気もするしで。



テーブル
の天板がボコボコになってきたので、どうにかならないかと思い
キーボードのタイプ音の軽減なども考慮した結果、デスクマットを導入する事に決めました。

そうして導入してみたのは良いんですが、これが思ったより当たりでした。

わたしが使ってるキーボード……もう10年以上使っているんですが
スタンド側がプラスチックなので、普通のテーブルではどんどん位置がずれて行くんです。
普通に使ってる分にはずれないんですが、BMSやキーボードを酷使するゲームをやる時に
その辺がネックになってしまう、と言う問題がありました。

デスクマットを使ってからは元々静かなキーボードが更に静かになって
キーボードを激しく酷使してもまったく位置がずれなくなりました。

あんまり高い買い物でも無かったので、これはもうちょっと早めに買っておいた方が良かったなと思いました。



原神
は相変わらずやってます。
前回の時はver1.2くらいだったような気もしますが、現在はver1.4まで。
今月末か来月頭くらいにver1.5となる予定だと思います。

とは言え、日課がすごく時間の掛かるゲームなので何か変化があったか、と言われると
既に終わってプレイできなくなっているイベントが大半なので
あまり語れることは多くないです。

ひとまず復刻したウェンティや、新規に実装された魈(しょう)、胡桃(ふーたお)辺りは確保済みです。
魈についてはわりと想定外(確か23カウントくらいで来た)のと
胡桃はほとんど天井に近かったんですが、実際に使用しているのは魈の方が多かったりします。
(胡桃はそもそも、ディルックの好感度Lv上げが終わっていないと言う事情もありますが)

で、最近は何をやってるかと言うと……七七の育成です。

七七は本当に火力を出せない子なのか? と言う疑問を解決すべく
☆5片手剣の「磐岩結緑」を偶然手に入れた(護摩の杖との抽選に敗北した)ので、それを持たせながら
どこまで火力を出せるのかを確認する事にしました。

原神におけるキャラクターの育成は
・キャラクターLv(ダメージ計算にLvその物が使われる&天賦Lvを上げるのにも必要)
・武器Lv(基礎攻撃力と、サブステータスの強化)
・天賦Lv(可能ならLv10まで。ただし個数限定アイテムを使うので無ければLv9まで)
・聖遺物のセット選定
・聖遺物のメインステータス選定
・聖遺物のオプション(サブステータス)吟味
・聖遺物強化(もちろん、ダメージに直結する物は+20)

と、数多くの項目があるので必然的に育成作業は大変な労力とモラを消費することになります。

七七の場合、聖遺物のセット効果や重視するメイン・サブステータスはどうなるか。

※ 以下に続く記述は、基本的にダメージを出すことを重視した物であるため
  回復力やサポート性能に関しての最適解ではありません。


聖遺物セット効果
鉄板なのは
・剣闘士のフィナーレx2(攻撃力+18%)
・血染めの騎士道×2(物理ダメージ+25%)
辺りです。

剣闘士のフィナーレ4個セットにしない理由は、重撃に効果が乗らない上
七七は吹っ飛ばせない敵相手には重撃を連打することが多い(重撃連打の間隔が短い)ので
十分に効果を活かせない事が多いためです。

また、血染めの騎士道4個セットについては重撃がむしろ対象となりますが
敵を倒してから10秒間、と言う制限があり大型の敵と1対1で戦う時に
全く意味が無くなる(効果発動の条件を満たせない)と言う問題があり汎用性に欠けてしまいます。
雑魚散らし専用、と割り切るなら悪くない選択肢ではありますが、攻撃力の追加が無いので
元素スキル、元素爆発での回復量が若干落ちてしまう(それでも十分許容範囲ですが)のが
難点と言えば難点です。


聖遺物メインステータス
は、基本的に攻撃力%が付けられる物はそれでOKです。
ただし、冠だけは会心率、会心ダメージのどちらかにするのは忘れずに。
七七は固有ステータスが「与える治癒効果」なので武器で補えない場合
会心率も会心ダメージも十分に確保できません。

杯のメインステータスは物理ダメージでも良いですが、サブステータスでの
攻撃力%の確保が難しい場合は、無闇に物理ダメージにすると
これまた元素スキル、元素爆発の回復量が落ちてしまうので
(血染めの騎士道4セットで行く場合は、流石に無視できなくなる可能性があります)
それ次第で杯を攻撃力%にするか、物理ダメージにするかを決めた方が良いかと思います。
ダメージ特化型ならあまり気にしなくても良いですが、ダメージを与えつつ
回復量も落としたくないハイブリッド型にするなら気にした方が良いです。


聖遺物サブステータス
先述した通り、会心率も会心ダメージも☆5アタッカー全般より低くなってしまいます。
そのため、サブステータスでちゃんと確保していないとクリティカルは出ないわ
出ても微妙な威力だわで、残念な子になります。
会心率60%以上、会心ダメージ150%くらいは最低限必要……と言うかそれくらい無いと
火力の向上が実感できないので、会心率&ダメージを最優先で。

元素熟知、元素チャージ効率はこの際気にしなくても良いです(優先順位は低い)。
他のキャラと組み合わせて戦う(と言うかそれがメインになると思いますが)場合は
元素チャージ効率を上げておくと、元素爆発が多少は使える頻度が上がるので
便利になる可能性はあります。


パーティ編成・元素共鳴
元素共鳴については
・炎元素×2:攻撃力+25%
・氷元素×2:氷元素付着または凍結状態の敵へ会心率+15%
を同時に発動できるようにするのがオススメです。

七七が高ダメージを出すのに必要な物が両方揃うのと
氷元素付着時間-40%は七七にとってはそこまで深刻じゃないので……。
(ただし氷元素の会心率+15%が響くような状況なら炎だけは外しても良いかも?)

具体的なメンバー選出については、わたしの手持ちで可能な範囲で言うと

・七七
・甘雨(こっちがメイン火力になりそうだけど) / ディオナ(七七にシールドいる?)
・クレー(対氷スライムやアビスなど)
・ベネット(火力サポート)

となりますが、シールド割りに関してはまったく汎用的ではないので
氷2人だけ残して雷(オズを出しながらキャラチェンジできるフィッシュル辺りが候補)や
水(通常攻撃天賦Lv+1があるタルタリヤが理想)を入れるのが汎用性としては高めだと思います。

とりあえず現時点でやれるだけやってみて、ベネットバフと祈聖シンフォニー(フィッシュルのオリジナル料理。物理ダメージ+55%)で
重撃を出してみたら2万近く出たので、結論としては

「(火力は)出せない事もない」

と、ひとまずながら結論付ける事にしました。

約2万ダメージ




やっぱり例によって長くなり過ぎたのでこの辺で。




Posted by ぷり娘 at 2021/4/18(日) 05:41 │日記  │コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitterはこちら。
ちょっとした一言で済むような告知や 適当な事はこっちでよくツイートしてます。
記事検索
メッセージ
月別アーカイブ
LINE読者登録用QRコード